記事一覧

山形の冬の話_後編

山形の冬の話_後編



■■立石寺
情報収集で『結構登る』とか『階段がやたら滑る』とか見かけて、
一眼を持ってくとずっこけて壊しそうな気がしたので、駅のコインロッカーに預けて
コンデジで撮ってきました。
実際行ってみたら、一眼を持って登ってる方ばかりで
やはり良い写真が撮れる絶景なんだなと!
30_1a.jpg

駅からの景色。上寄りの中央にある建物が、五枚目の写真の場所です。
30_1b.jpg

冬の木々と静寂の中にハラハラと雪が舞って、しっとり美しかったです。
冬景色は、晴れた日の青と白の世界も良いけれど、
曇りや雪の日の彩度の低い白と黒の水墨画のような世界も良いですね…
普段は鮮やかめの背景ばかり描いてるので、彩度の低い情景も追々練習したいな。

30_1c.jpg

思ったより登るのに時間がかからず、ゆっくり行っても一時間ちょいくらいでした。
思ったより階段は『登り』は滑りませんでした。
『降り』はやたら滑りました…;(幸い、転びはしませんでしたが
30_1d.jpg

景色は素晴らしいのですが、
冬で地面は滑るし、斜面に張り出しているこじんまりした建物なので、
建物の端の手すりのほうまで行くのはなんだかビビりました;笑
30_1e.jpg



■■銀山温泉
泊まりではなく、景色(特に夜)だけ見に行きました。
泊まらず温泉にも入らず、すごすご帰るのはちょっと負けたような、
微妙な口惜しさがありました…笑

四時半頃到着、町の明かりはついていたのですが空は明るく、
お店に入って蕎麦を食べたりのんびりお茶しながら
暗くなるのを待っていました。
30_2a.jpg

30_2b.jpg


風情ある景色で素晴らしい被写体なのですが、
夜の写真は苦手なので、ブレまくるのは自明の理…
比較的マシなのを載せましたが、本当にブレブレの写真が多かった;
こういうときに、三脚があればなと思います。
※私は身軽さ重視なので三脚は持っていません
30_2c.jpg

30_2d.jpg

30_2e.jpg




山形の雪景色は本当に美しかったのですが、写真を撮るには
足場の悪さと手のかじかみ(手ブレ)に始終悪戦苦闘していました。
冬の雪景色の写真は難しいですね…

次回は引き続き東北の旅の、仙台の話_前編です。


ではでは