記事一覧

醍醐寺の話

醍醐寺の話



去年の花見は、太閤秀吉さんの『醍醐の花見』で有名な醍醐寺に行きました。
数も大きさも華やかさも、何もかも素晴らしかったです!

■桜色々
桜にも色々ありますが、個人的には枝垂れ桜が特に好きです。
(というより、枝垂れ・つる性の植物全般好き)
醍醐寺の枝垂れ桜は大きく優美で華やかで、一際美しかったです。
35_1a.jpg

一般的な桜の花は白に近いピンクなので、背景が濃い色だと特に映える気がします。
昼は春爛漫で、夜は闇に映え、昼夜違った魅力がありますね
35_1b.jpg

ソメイヨシノとか、一般的な桜の花は、まるまるもりっとしてボリュームがある印象。
35_1c.jpg


若々しい雑草と、桜の花びらと、タンポポや小さな花の、カラフルな桜の根元も春らしくて好きです。
35_1d.jpg

35_1e.jpg


■三宝院唐門
五七の桐と菊の紋…!
三宝院唐門は国宝なのですが、京都は重文国宝世界遺産が溢れすぎていて
国宝と知っても驚かなくなってきました…いや、実際すごいものなんですけどね;笑 
(ちなみに醍醐寺は世界遺産
35_2a.jpg

色々な場所を見てまわってると、価値ありそうなものがぽんと飾ってあったりして、
『肩書をつけると管理とか維持とか大変だから(?)
あえて登録しないけど実は歴史的価値のある貴重なもの』がたくさんありそうな気がします…。
(目利きできるわけではないので、実際は違うのかもしれませんが
京都もとい近畿を散歩してると、さすが積み重ねてきた歴史があるなとしみじみ感じます。



■霊宝館のしだれ桜
『醍醐寺の桜の写真』でよく見かけるこの木は、だいぶ散り際でした。
桜の種類や日当たりなどによって咲く時期も多少前後しますし、
満開の木もあれば散り際も、色々ありました。
35_3a.jpg
ちなみに霊宝館の展示物は興味深いものばかりで、
花見目的のみで行ったんですが予定外な楽しみでした。


今回載せた写真はほんの一部で、広い敷地内に本当にたくさんの桜がありました。
醍醐寺自体とても広く、拝観券も『三宝院、伽藍、霊宝館』の三か所に分かれています。
私は三宝院と霊宝館の二か所を見てきましたが
このふたつだけでも大満足の見ごたえ&かなり広いです。

醍醐寺の桜は本当に圧倒される華やかさで、
素晴らしいからこそ混雑もしていまたが、でもまた行きたいです!





追記:
先日熊本で大きな地震があり、いまだ九州で大きな余震が続いていますね…。
熊本や九州各地は以前行ってとても良いところで思い出に残っているので、
被害の情報を知るほどにショックを受けています。
被災された地域の方々の安全と復興をお祈りしております。


ではでは