記事一覧

関西の紫陽花の話

関西の紫陽花の話



ここ数年関西の紫陽花をめぐり、いろいろな紫陽花を見てきましたが、
個人的には三室戸寺・藤森神社・矢田寺の三か所が特にいい感じでした。
(三室戸寺と矢田寺は2回行きました


■三室戸寺
花の寺としても有名で、紫陽花のみならず
四季折々たくさんの花が楽しめます。
42_1a.jpg

42_1b.jpg

42_1c.jpg

紫陽花の頃、ハスが少し咲き始めています
(ハスの最盛期は7月なので少し時期がズレてますが
42_1d.jpg

42_1e.jpg


■藤森神社
ここの紫陽花は他の二つに比べると規模はそこそこなのですが
建物と合わせて良い感じの構図でした。
42_2a.jpg

42_2b.jpg

42_2c.jpg


■矢田寺
なかなかアクセスに時間のかかるところですが、
ここの紫陽花は素晴らしいです!
山寺なので坂道とか階段とか、多少のぼります。
42_3a.jpg

雨の日
42_3b.jpg

42_3c.jpg

晴れの日
42_3d.jpg

ゲロゲロ
42_3e.jpg

雨の日と晴れの日に行ってみたのですが、
個人的には紫陽花は『晴れの日の日陰の濃い色』が一番好きだなという感想に落ち着きました。
(日陰の色といっても、光が当たってるところとのコントラストが好きなので、晴れの日で。
紫陽花といえば雨ににじんだ濃い色が特に風情がありますが、晴れも良いものです…

平家物語の沙羅もちょうど咲いていました。
42_3f.jpg

42_3g.jpg

実は本来の仏教の聖樹の沙羅双樹と
日本の沙羅双樹は別の花で、でも平家物語の沙羅双樹はこっちみたいで…
日本の沙羅(=夏椿)は、朝に開花し、夕方には落花する一日花だから、
平家物語は盛者必衰だと言ってるのだろうなと。確か。タブン。







ブログの記事をマメに書くのはなかなか大変なので、
更新ペースを落とそうかなと思っています。
かわりといってはなんですが、twitterに写真投下専用アカウント(@11mtri)を作りました。
ブログの方は旅の思い出まとめ、
twitterの方はブログで記事を書く程の量がないもの、ブログに載せそびれたもの、
ちょっとした一枚、その他諸々雑多な写真を気まぐれに投稿していきます。
twitterには写真投下しかしないです。(基本的にはブログに載せてない写真です。ストックありすぎて…;笑)
興味のある方は、フォロー・リムーブ・ブロックご自由にどうぞ。

最近寝る前に江戸時代館という図鑑を読みかえしてます。
(昔に買ったので、第1版ですが…)
色々な場所を観光してると、『有名な歴史の所縁の地』とかでなく、
市井に根付いた風習とか、文化とか、身近なところに長い歴史を感じることがあって
この図鑑を読んでると、まさにその長い歴史を紐解くようで興味深いです。
江戸時代の文化もまた、それより昔の時代から続いてきたもので
国内外、あらゆる時代の歴史を読んでると
時々、現代社会の様々なことの成り立ちが垣間見えたりもして、目から鱗です…。


6/23追記
新しい子も、どうぞよろしくお願いいたします。

うちも早くお迎えできるようがんばります……笑



ではでは