記事一覧

伏見稲荷大社の話

伏見稲荷大社の話


とてもメジャーな観光地で、私も何度も行っているのですが、
そういえば記事はまだ書いてなかったなと。


■伏見稲荷大社
なんといっても朱塗りの鳥居が見事で、
行ったことのある方は大体これと似たような写真を撮ったことがあるかなと思います笑
54_1a.jpg

朱が鮮やか
54_1b.jpg

広角レンズで取ったらえらいパースに…
54_1c.jpg

鳥居に光が当たったり影が落ちたりして
ストライプ状(?)になるのが絵になりますね
54_1d.jpg

個人的に、朱塗りの建物が一番美しいのは、黄緑が鮮やかな新緑の頃かなと思います。
54_1e.jpg

鳥居&階段ばかりでなく、売店などの休憩所もありつつの緩急が良いなぁと。
(上に行くほど物の値段が上がってるような気が…
54_1f.jpg

下りの時はいつも裏側(?)を通るのですが
あのカオスな感じが個人的には好きです…笑
伏見稲荷=お稲荷様(狐)というイメージですが、狛犬とか馬とかカエルとかもいたり。
54_1g.jpg


伏見稲荷のてっぺんまでいくのはなかなかハードだと思うので
挑戦するなら日々の階段のぼり訓練と笑、暑くない季節が良いかと思います。
(私はいまだに途中挫折ばかりで成し遂げてません;笑)





『刀剣乱舞』二周年おめでとうございます。
一周年の時も思いましたが、一年間あっという間だなぁと感じています。
審神者就任二周年になって、彼らの成長と、コツコツためた資材を見てはほっこりしています…笑
今年ものんびりまったり本丸運営していこうと思います。


ふと久し振りに『陰陽師』が読みたくなって、本屋に行ったのですが、
数年新刊チェックしてないうちに色々と出ていたのですねー。
(以前住んでた所は大型本屋が近く、しょっちゅう本を買ってたんですが、今は遠くて;)
相変わらずの晴明さん博雅さんと、独特な文章の雰囲気に引き込まれました。
近年しょっちゅう京都に出掛けて、地理とかがちょっとわかるようになったおかげか
新たな発見があったり、想像がしやすかったりもしつつ。
萬斎さんの晴明をまたいつか見たい……
(映画・陰陽師がもう15年前とは;


ここ数日関西でも雪が降りましたねー。
今回、はじめて京都の雪景色を見に行ったのですが、予想以上に素晴らしかったです…!
こんなことなら、寒いから来年があるからって出不精になってないで
毎年雪が降るたびがんばって早起きして出掛けていればよかった…笑
雪の京都の写真は追々記事にまとめる予定です。


■1/19追記
先日、舞台を観劇させていただきました。
初演よりさらにかっこよく素晴らしく、笑いあり涙あり、あっという間の約2時間でした…。
次回作も楽しみにしております!


話が変わりますが、ずっと気になってたズートピアを見ました。
前評判で耳に入ってたんですが、噂の通りニックの吹き替えが素敵すぎる…笑
ストーリーもまとまっていて、もふもふかわいかったです。
それにしても、いまやネットで映画レンタルできる時代なんですよね…便利だ…。

ではでは